Loading
scalar

暗殺の方法

昔から暗殺には様々な手法が用いられるが、まず暗殺の第一条件は、「暗殺でないように見せかける」ことである。 よくある事故や事件に見せかけたり、本人の自殺のように見せるのである。 例えば、イギリスの有名人を暗殺する場合、自国で殺すのではなく、あまり外交関係が良くない第三国(例えばフランス)で交通事故を装えば、一般大衆には単なる事故に見えてしまう。さらに、目撃者の少ないトンネルの中で事故を起したり、運転手がアルコールを飲んでいたとなれば、余計に単なる事故に見える。

あるいは、自国の国家元首を殺す場合には、車に乗ってパレード中にわざと一般大衆の前で銃殺でもすれば、暗殺のようには見えない。しかも、でっち上げの犯人を共産党員にしたてて、射撃の腕もすごいという設定にすれば、あたかも本当の犯人に見える。

もちろん、これらは外国の話であって、平和な日本では起こりようがないだろう。

ところで、某国での暗殺方法。

この国で暗殺するのは、ある意味、容易である。どんな不可解な死を遂げても、記者クラブという非常に便利なシステムがあるので、どこの大手マスコミも深く追求して報道しない。警察の記者クラブの発表をそのまま、鵜呑みにして報じるからだ。また、この国では以前から死体の司法解剖は行なわないことが多いので、当然、死体を解剖する、しないの決定は警察のさじ加減で決まる。だから、誰かが不可解な死に方をしても、見事に封じ込められる。例えば、証券マンが沖縄のホテルで死亡しても、警察は何も調べない。アナウンサーが、なぜか助手席で死亡しても検視すらしない。映画監督が映画を製作する直前に飛び降りても、なぜか単なる自殺と判断される。実に恐ろしい国である。

築30年のうちのマンションでは、高齢化が進み、去年から意識の高い老住民たちが「生活向上委員会」を立ち上げた。はじめは暇な人たちの交流会だったが、徐々に苦情・圧力団体に変貌中。老人たちの自分探しが止まらない。
Twitter / gotanda6 (via 774)
futureisfailed:

アメリカのインド洋支配に挑戦し始めた中国海軍 原潜でインド洋パトロールを実施、危機感を隠さないアメリカ:JBpress(日本ビジネスプレス)
政府の言う「女性の社会進出」は少子化対策なんかのためじゃなくて、「専業主婦は特権階級だから殺せ」って言うフェミニスト共を黙らせるためのものですから
軍隊やヤクザが典型だが、暴力的な人ほど団体行動が得意である。というか徒党を組む行為そのものが暴力的なのだ。平和的な人は常に孤独の内にいて連帯することを好まないものである。
adexz:

similar posts -> here 

adexz:

similar posts -> here 

kojimblr:

Sayaka Yamamoto,山本彩

kojimblr:

Sayaka Yamamoto,山本彩

yoshimuraspeed:

Twitpic - Share photos and videos on Twitter
社畜時代→月給18万 8~22 毎日残業
週1休みあるかどうか 精神的に辛い

土方なう→月給32万 6~17 毎日定時帰宅
週2休 精神的に楽

仕事場の兄ちゃん達と毎日ワイワイしながら
仕事してるから笑いが絶えない。
休日遊ぶ友達も出来た。趣味も出来た。
馬鹿だけどもの凄くポジティブな奴等に囲まれてたお陰か
俺もポジティブ思考になった。おかげで彼女も出来た。
始めた頃は肉体的に辛かったけど今は慣れていい感じ
精神面と肉体面は社畜時代とは
比べ物にならないくらい健康状態っすわ。
幸福度は天と地ほどの差。
25年間生きて来た中で今が最も幸せ。

元社畜様からお前らにアトバイス。
学歴よりコミュニティー能力を身につけろ。
学歴があったらいっぱい金は稼げるかもしれんが
コミュ力がなきゃ金以上の物は絶対に手に入らない。
逆を言えばコミュ力があれば金以上に大切な物が手に入る。
一度、自分と向き合って自分を見つめ直せ。

じゃあなお前ら。