Loading
scalar
アイスバケツ流行ってるけど、日本には熱湯コマーシャルという伝統的PR手段があってだな。
(via chptr22)

グランド・セフト・オートのようなアメリカで人気のある他のゲームタイトルでも共通して言えることだと思うのですが、アメリカにおけるゲームとは、面白いゲーム体験を生み出す為のツールであり、面白いことをするのはプレイヤーなんですね。

ところが、日本人は、頭からお尻まで、丁寧にお客さんをもてなして、分からないことは教えてあげて、安心して楽しんでもらおうというモノ作りをする方が普通です。いきなり何をしてもいいよ、と、放り出したらお客さんが混乱してしまうのではないかと心配するわけです。ですから、丁寧にユーザーを誘導して、ドラマチックな体験を漏らさずプレイしてもらうのですね。

もちろん、どちらが正しいというわけではありません。そして両者の違いは、単なるゲーム観の違いではなく、そこから国民性が伺える非常に興味深いものです。そこには、日本におけるおもてなしの心や、アメリカにおける開拓の精神が息づいているようにも感じます。

kabibouzu:

さなづらひろゆきさんはTwitterを使っています 朝、学校に行こうと家を出たら、お隣の陸奥お姉さんが階段下で酔い潰れててドキドキしました… @提督くん(12歳)   今朝の「近所のエロいお姉さん陸奥ちゃん」  #艦これ http://t.co/QkmCyLrWeZ
kabibouzu:

さなづらひろゆきさんはTwitterを使っています お隣の陸奥お姉さんは、長門お姉さんによく怒られてます… @提督くん(12歳)  「近所のエロいお姉さん陸奥ちゃん」 ゴミ出し編のオチ絵  #艦これ http://t.co/npOSrQdqLW
r-dino:

1405178810330.gif
dodri0:

Someone was asking me about my tail and thigh highs.

dodri0:

Someone was asking me about my tail and thigh highs.

cosplaygirl:

Twitter / alixxxce: 【コス写真注意】PEACH …
unkoer:

いきなりですが、MdN10月号(9月5日発売)の表紙を宇宙初公開! 特集は「爆発+液体+炎+煙+魔法を描く/イラスト表現の… on Twitpic